毎日のいっぷく★「アート」と「かかし」の深川資料館通り商店街 活性化活動録



縁台増やして、さらにのどかな資料館通りへ

予報通り、見事などしゃぶり。あきらめて展示替えをし、近くの「深川美術」荒野さんの所で縁台ワークショップの打ち合せをする。

もともと「まちの風景(かお)づくり」プロジェクトを立ち上げたい所から話は始まった。今までイベント等で一過性な活動はしてきたが、ほんの少しずつでも、まちがより過ごしやすく、楽しく変わっていく活動がしたい。「まち」に化粧を施すように、資料館通りらしい、個性的なまちの「かお」をつくってていきたい。そんな想いなのである。

記念すべき第1回は「縁台」づくり。まちに縁台を増やす事。いい意味で(笑)のどかな深川資料館通りには、とにかく縁台が似合う。「縁台」というものは、コミュニケーションを促し、一時の安らぎ、開放的な気分を味わわせてくれる、素晴らしい道具である。「縁台をつくって置く事は、美術のインスタレーションにも似た行為」。縁台美術家の荒野氏は言う。さしずめまちは、「ギャラリー」ということか。

そこで、大きな縁台をつくってまちに置いてみることにした。22日の作り手を大募集中!(予約してね)今後あらゆるテーマで、「まちの風景(かお)づくり」プロジェクトは展開する。皆さんの知恵や感想、そして力を貸してください。どんなまちになっていくのがいいか、皆で(飲みながら?)意見交換ができる場も設けて行きたいと思います。

資料館通りが少しでも気に入っている方。よくなってほしい方。地元の方。どなたでも。
一緒にまちの「かお」を考えていくメンバーを大・大・大募集しています。
[PR]
by qrrart | 2007-07-17 07:00 | ★その他告知
<< 縁台づくりワークショップ 懸案事項をこなす日 >>


ピーマンが戻ってきました!いっぷく問合せ:03-3641-3477
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30