毎日のいっぷく★「アート」と「かかし」の深川資料館通り商店街 活性化活動録



土用のうなぎ

本日来店のご夫婦が、「土用のうなぎ」について情報を確認しあってらっしゃいました。私は説明できず、反省しきりです。

「土用は年に4回あり、立夏・立秋・立冬・立春の前18日間をいいますが、一般的には立秋の前18日間の夏の土用を指します。土用の丑の日(25日くらい)にはうなぎを食べるのが習わしですが、これは江戸時代の学者 平賀源内が客足の途絶えた知り合いのうなぎ屋の店先に「土用の丑の日」の看板を掲げさせたところ、押し合いへし合いに繁盛したのが始まりと言われています。
 一年で最も暑いこの時期。連日の猛暑に体力も食欲も衰えがちになります。土用の丑の日にうなぎを食べると夏負けしないといわれていますが、うなぎにはビタミンAと脂肪が豊富に含まれていますので、こうした習慣は夏バテした体の回復を図るにはうってつけです。」

一足先に、私、うなぎを食してしまいました・・・。お薦めはやはり「天ぷら・うなぎ あやめ」ですね。下町の味が懐かしい方には殊更です。
[PR]
by qrrart | 2007-07-21 23:37 | ★ひとり言
<< 本日の縁台づくり 涼亭の夕べ >>


ピーマンが戻ってきました!いっぷく問合せ:03-3641-3477
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31