毎日のいっぷく★「アート」と「かかし」の深川資料館通り商店街 活性化活動録



【開催中】「織(源氏物語シリーズ)吉田正子の情趣」

7/2(水)〜7/6(日)11時〜18時
織物作家かつ東陽町在住、吉田正子の手織り佐賀錦、美しく仕立てられたバッグの展示がスタートしております。昨日より大勢の皆様にお越しいただいております。調剤室ギャラリー開設以来初の工芸作品。品格のある見事な作品群です。販売はしておりませんが、一見の価値はございます。ぜひご高覧下さい。
区報にも記事が掲載されています。会期が短いですのでお見逃しなく。

ところで、様々な方から、深川いっぷくの「場所がわからない」「入りにくい」「何屋かわからない」「知らなかった」などご意見をいただきます。まだ1年半ですからまだまだヒヨッコ。日々精進、緩やかに変化してまいりますので、長い目で見守ってくださいませ。

「アート」というものは決して親しみやすいものではないのも確かです。皆があまり知らない、珍しい展示を心がけているという自負もありますので、複雑な心境ではありますが、「コミュニティ」性を意識し過ぎて、店内の焦点が絞りきれていなかった点は反省ですね。

深川いっぷく、目下生き残りをかけて、商店街コミュニティスペースとしては未知の領域に挑戦しています。どうぞご指導、ご声援をよろしくお願いいたします。
[PR]
by qrrart | 2008-07-03 23:49 | ★調剤室ギャラリー展示
<< エサシトモコ展 展示風景 豪雨のライブレポート >>


ピーマンが戻ってきました!いっぷく問合せ:03-3641-3477
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31